裏技・小技サカつく2002攻略

サカつく2002の「裏技・小技」です。 8人制と年俸調整は、資金の少ないゲーム序盤に非常に役立つ裏技です。 この2つの裏技を使う事で、簡単にJ1で優勝できます。

8人制

選手の能力が低くても、殆ど負けない裏技です。 以下のように選手を配置して「試合結果を見る」にすれば、Jリーグでは殆ど負けません。 また、優秀なFWで3トップにして、システムを3-4-3にすると最強になります。 私の場合はこの裏技で、ヘルミニオがJ1で年間80得点を達成しています。

  1. 試合に出場できる選手を8人にする。
  2. 3-4-3などの、DFが3人になるシステムにして、DFは誰もいない状態にする。
  3. ディフェンスはライン、中盤守備はゾーンプレスにする。

注意点は、この裏技を使うと、選手の試合でのポイントが7点以上になり、殆どの選手が大活躍のままシーズンを終えます。 なので、契約交渉で大幅UPが必要になります。

9人制

8人制より若干弱くなりますが、それでも殆ど負ける事はありません。 8人制同様に、優秀なFWで3トップにすると、より強くなります。

  1. 試合に出場できる選手を9人にする。
  2. システムを4-3-3などの、DFが4人になるシステムにして、CDFは誰もいない状態にする。
  3. ディフェンスはライン、中盤守備はゾーンプレスにする。

注意点は、この裏技を使うと、選手の試合でのポイントが7点以上になり、殆どの選手が大活躍のままシーズンを終えます。 なので、契約交渉で大幅UPが必要になります。

選手の不満を減らす方法

ミーティングルームで「選手の不満を聞く→データをセーブ→データをロード→ミーティングルームで選手の不満を聞く→データをセーブ→データをロード」を繰りかえせば、確実に選手の不満を減らせます。

移籍で10億儲ける方法

有力な選手は、他チームから移籍オファーがあります。 25歳までの選手は、移籍金が年俸の2倍支払われます。 年俸が10億で1年契約の場合、移籍金が20億で10億儲かります。

  1. 12月4週後半にセーブ。
  2. データをロードして2月1週まで進め、他チームからの移籍オファーをチェックする。
  3. リセットして、12月4週のデータをロード。
  4. オファーがあった選手の年俸を、1年契約で10億にする。
  5. オファーがあった選手を移籍させると、移籍金20億で10億儲かる。

具体的なやり方は、上のようになります。 この裏技を使う場合、移籍しそうな選手を1年契約にしていないと、年俸の変更ができないので注意して下さい。

8人制を使った応用技

上記の8人制が使える場合、これ以上人数が減ると試合ができないので、他チームから移籍オファーがきません。 なので、全選手の契約期間を合わせれば、オファーの時期を調整する事ができます。 具体的なやり方は、以下のようになります。

  1. 複数の選手の契約終了年を合わせる。(目安は3年後)
  2. 契約終了年の12月4週まで8人制で戦い、移籍オファーが来ないようにする。
  3. 契約終了年の12月まで進める。
  4. スカウトリストに載っている、2500万前後で雇える選手を1年契約で4人雇う。(適当な選手がいない場合はリセットでリストを変える)
  5. 12月4週後半にセーブ。
  6. データをロードして2月1週まで進め、他チームからの移籍オファーをチェックする。
  7. リセットして、12月4週のデータをロード。
  8. オファーのあった選手の年俸を、1年契約で10億にする。
  9. オファーのあった選手を移籍させる。

4人移籍できれば、40億儲かります。 ただし、ある程度資金に余裕がないと、年俸が10億にできないので注意して下さい。

年俸調整

選手の年俸を削減する裏技です。 選手の年俸は、契約最終年のJリーグでの成績で査定されます。 なので、契約最終年に一度も試合に出場させないと、年俸を大幅に削減する事ができます。

「試合に出たい」などの不満があった場合は、査定の対象にならないJリーグカップ、ニューイヤーカップ、海外大会で試合に出場させて、不満を解消するといいでしょう。

留学を使った応用技

留学の帰国時期を契約最終年の12月にすれば、試合に出場していないので、年俸を大幅に下げる事ができます。 ピアジオRを例に説明します。

  1. 9月にピアジオRと27000万×2.5年契約。(7月以降の為)
  2. 12月にピアジオRが来日して入団したら、即ポルトアレグレに2年留学させる。
  3. 2年後の12月にピアジオRが留学から帰国。
  4. 年俸交渉で12000万×5年契約で、年俸の大幅削減に成功。

プレシーズンマッチの相手を変える方法

11月のプレシーズンマッチ、大会の対戦相手を変える方法です。 姉妹都市を狙う場合に役立つ裏技です。 10月4週後半にセーブして、以下のA~Cのいずれかをする事で、対戦相手が変更できます。

  1. ホームタウンに2億単位で投資。
  2. スカウトの指定ポジションを変更。
  3. 練習内容を変更。

プレシーズンマッチに出現する相手チームは、チームの世界ランキングである程度決まっています。 10位以内でサンパウロとトリノ、20位前後でポルト、30位前後でヤウンデが出現しやすいです。

リセット技

リセットでスカウトリスト、スカウト、監督などを変える方法です。 スカウトリストを変える方法を例に説明します。

  1. 試合のある2週目後半にセーブ。
  2. 選手配置、勝利プレミアム、戦術などを変えて、2週目後半の試合内容を変える。
  3. 試合内容によって、3週目前半のスカウトリストが変わる。

監督、スカウトのリストを変えたい場合は、4週目後半に上記の方法を実行すればOKです。 新人獲得の場合も同じ方法で、12月4週後半の試合内容を変えれば、選手のリストや年齢が変わります。

また、スカウトリストを変える場合、同じ選手でも年齢が変わる事があります。 年齢の変わる選手は未所属の選手のみで、他チームに所属している選手は変わりません。