効果的な育成法サカつく2002攻略

練習施設

当たり前ですが、「クラブハウスLv5以上+施設が充実」がベストです。 最初は多くの練習を実行するために、マッサージルーム、サウナなどの、疲労回復効果がある施設から増設するといいでしょう。

その後は、プール、スピードジム、パワージム、戦略分析室、データ分析室などを増設するといいでしょう。 練習場2面、芝長、照明なども、資金に余裕がある時に建設しておきましょう。

監督による育成効果

監督はチームの戦術、システムと合致している監督を選びましょう。 監督の能力が高いほど、育成効果もアップします。 能力の高い監督は、試合での育成効果も高いです。 なので、試合に出場させるだけで、選手は成長します。

試合育成

試合育成は、試合に出場させるだけで効果があります。 試合育成は、ポジション適正を上げるのに効果的です。 なので、試合に出場させる時は、常に同じポジションの同じ位置で出場させましょう。

留学

留学は選手を効率良く育成するのに欠かせません。 各ポジションに合った場所に留学させましょう。 留学に行かせるタイミングは、成長のピーク時がベストです。 ただし、ある程度選手を育成してから、留学させた方が効果的です。

連携

連携が悪い選手同士で同じ練習を行うと、確実に選手の不満がたまります。 なので、連携タイプを考え、3グループくらいに分けてから、そのグループ内で同じ練習を行うと効果的です。

効果的な育成 | サカつく攻略 Sheep

例えば、上図のメンバーの場合、「河本・杉下・立浪・デルペーネ」、「多古・萩原・岬・三神」、「玖珂・星野・邑久村」といった感じで、3グループに分けてから練習を行うと効果的です。

練習メニュー

基本的に練習は月8回ビッシリ行い、休みは臨時休養で設定するのがベストです。 はじめは、全体練習の「フィジカル」を2ヶ月くらい行います。

その後、個人練習のテクニカルを、左上から順番に2ヶ月ずつ行います。 4週後半はポジション別を行い、2月はフィジカル、10月はシステム、12月は戦術といった練習を組み込むと、より効果的です。

ある程度選手が育ったら、足りないものを補う練習を行いましょう。 また、個人練習のテクニカルを行う場合は、FWはシュート、MFはパスとドリブル、DFはパスカットとマンマークとタックル、GKはセービングと飛び出しを優先するといいでしょう。